【浅草~お台場】水上バス「エメラルダス」に乗ってプチ船旅を楽しもう!

スポンサーリンク
家族でおでかけ

子供と首都高速をドライブしているときのことです。
突然、隅田川に浮かぶ船を見て、

息子
息子

あのかっこいい船に乗りたい!

と言いだしました。

水上バス「エメラルダス」

調べてみると、 東京都観光汽船株式会社(東京クルーズ)の水上バスであることがわかりました。
さらに「エメラルダス」という名前の船とのこと。
これはプチ船旅が楽しめそうと思い、乗ってきました。

水上バスのチケット購入方法

チケットの購入方法は、2通りあります。

①乗船場のチケット券売機で購入
②インターネット予約(公式ホームページより)

おすすめはインターネット予約です。
乗船時、ネット予約の方は優先的に乗船できるからです。
予約席もありますが、基本的に自由席なので、好きな席につける可能性があがります。
あらかじめ予約しておけば、当日、スマホで電子チケットをスタッフに見せるだけ
スマホが通信できなかったり、使えない場合は、確認メールに来ていた予約番号を伝えます。
支払方法はクレジットカードになります。

チケット代

浅草からお台場海浜公園まで、エメラルダスの料金(片道)
大人:1720円
小人:860円

未就学児:大人一人に同伴される幼児一人は無料

エメラルダスの他にもいろんな種類の船があります。
途中、他の乗船場を経由するルートなどもあります。
その際は料金が変わってくるので注意です。

受付~乗船

乗船時間の20分前までに、浅草乗船場へ行きます。
場所は浅草駅からすぐ近くです。

受付でスタッフに電子チケットを提示すると、
ピッと機械にかざし、電子チケット上に「使用済み」のスタンプが押されました。

エメラルダス乗船時の、電子チケットの画面です
電子チケットの画面

乗船時間が来るまで、案内された2階の待合室で待ちます。
隅田川が見える、眺めの良い待合室です。
船内にもトイレはありますが、あらかじめ済ませておくと良いでしょう。

隅田川の様子。船が運航している手前に、停泊しているエメラルダスが見えます。
下に見えるのが停泊しているエメラルダス



10分前くらいになると、乗船のアナウンスがかかります。
ネット予約の方は優先的に乗船できるので、早めに待っておいたほうが好きなところに座れる可能性が高くなります。
ゲートから降りる階段が結構急なので気を付けてください。

船の手前でも電子チケットをスタッフに見せます。

いよいよ乗船!

エメラルダス 客席の様子
客席の様子


中は広々としていて、とてもオシャレ。
運転席も見えます。

客席から覗いたエメラルダスの運転席の様子
運転席

出発~船内のすごしかた


なんと「銀河鉄道999」のキャラクター
(星野鉄郎、メーテル、エメラルダス達)
のナレーションが聞けるんです!
エンジンの音で聞こえにくいところもありましたが、ワクワク感が増します。
船内には売店もあり、飲み物や軽食などが用意されています。
ジュースやアイスもあるので、お子様も楽しめます。


エメラルダスにはデッキもあります。
浅草からしばらくは、隅田川に架かる橋が低いために開放されていなかったのですが、
途中からデッキに上がれるアナウンスが入ると、上がれるようになります。

日差しや風が強いので、十分に気を付けて上がってくださいね。
特に携帯などを落とさないように注意!

気持ち良い潮風にあたりながら船はどんどん進みます。
レインボーブリッジとお台場が見えてきました!

エメラルダスのデッキから見た眺め
眺めは最高!気持ち良い

到着~お台場海浜公園

乗船時間は約55分。
楽しくて快適であっという間でした。

お台場海浜公園に停泊するエメラルダス
お台場海浜公園に停泊するエメラルダス。かっこいい!

大満足の水上バス

電車移動と比べると、運賃も高いし所要時間もかかりますが、
乗り換えや人混みもなく、非日常感を体験でき、
快適に過ごせるのはやっぱり水上バス!

息子も終始大興奮で、

息子
息子

かっこよくてたのしかった。

また乗りたい!

と言っていて、大満足だった模様です。


乗船前・後には観光名所である浅草や、家族で遊ぶところがたくさんあるお台場で楽しめるのも魅力です。

今回ご紹介したエメラルダスだけでなく、いろんな種類の船が走っています。
また、お台場だけでなく、浜離宮などの乗船場もいくつかあります。

ぜひ乗ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました