わたしの「行動最適化」体験談ベスト3!

スポンサーリンク
ココロとカラダ

3位「疲労回復」の最適化

疲労回復の方法はいくつか載っていましたが、私がピンときたのは「積極的休養」さらに「運動」の部分です。

疲れているのになんで動かなきゃいけないんだ…と思っていましたが、
だまされたと思って動いてみたらあら不思議。
ストレッチをすれば体がほぐれてリラックスできるし、汗を流せば心も身体もスッキリ。
疲労回復だけでなく、ダイエットやボディメイクの効果ももれなくついてきました。着たい服が着れるようになり、洋服を選ぶのが楽しいです。

2位「音楽」の最適化

元々音楽は好きで、今もピアノが趣味です。
苦手な家事…特に掃除や片付けは大好きなピアニストの曲や壮大な映画音楽を聴きながら、頭の中は現実逃避しながらするようにしたら、サクッと終わるようになりました。
3位にあげた運動も、90年代J-POPをかけながら筋トレすると、ノリノリで思わず歌いながら…辛さをあまり感じずにこなせます。

1位「やる気」の最適化

「まず、やってみる」ってやつです。

どんなに良い本を読んだとしても、やっぱりやらないと意味がないわけで。
嫌いな掃除も、リビングを綺麗に!と思うとやってられなくなりますが、
一か所だけワイパーでいいや…と思って始めると「あ、ついでにここもやっちゃおう!」と結構進めることができます。
運動が面倒だなぁというときも、初心者ヨガや寝たままストレッチ、など簡単なものをYouTubeで検索してみながらやってみるだけでも、疲労感がやわらぎます。

一番は(苦手な)家事が進むことで、居心地の良い家になり、家族が仕事や勉強を頑張ってくれ、楽しい時間を過ごしてくれています。
結果私もやりたいことができるようになり、良い循環が生まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました