【読書感想】精神科医が教える『毎日を楽しめる人の考え方』を読んで

スポンサーリンク
ココロとカラダ

樺沢紫苑先生の著書
「精神科医が教える 毎日を楽しめる人の考え方」
を読みました。

毎日を楽しめる人の考え方 本の表紙画像

「遊び」「楽しみ」を自己成長につなげるコツ。
また、メンタル疾患の予防にもなることがたくさん書かれています。

遊びと言うと、昔は遊んでばかりいて!!ダメじゃない!!
と怒られていたイメージが強くあります。
昔って「我慢が美徳!耐え忍べ!!」みたいな教育が良くされていましたしね。

でもこちらの本では
「遊びましょう」「楽しみましょう」「こんな楽しみ方も良いよ」
と遊びが強く推奨されています。
さらに「遊べ」と言っているのは精神科のお医者様という、信頼性のあるお方。
私は「遊びってあんまり良くないことなんだな」と思い込んでしまっていることに気づきました。

その思い込みを手放しながら読み進めていくうちに、
自分が楽しむことで得られる「良いこと」が2つ思い浮かびました。

①楽しい!が循環する

253ページに「能動的娯楽」として、
幸せになりやすい趣味の一つとしてあげられている
「楽器演奏」

ピアノを小学校の頃に習っていましたが、途中で他の楽器に興味がうつったので、
もうずっと弾いていませんでした。
けれども2年前に息子が「ピアノ教室に通いたい!」というので、
ピアノを購入しました。

せっかく家にピアノがあるんだし…と簡単な曲を弾いてみたら、意外と指は覚えているものです。
それに弾きたい曲もポンポン思い浮かんできたので、楽譜を探して購入し、
YouTubeなどにあがっている演奏を参考に練習するようになりました。
今ではショパンの別れの曲を弾きたくて、息子と同じ先生にレッスンをしていただいています。

私がピアノを弾けることで、
「家で息子にある程度教えられる」
というメリットがあります。

楽譜に書いてあることは家でしっかり教え、練習したうえで、
先生には楽譜に書いていない、クラシックならではの弾き方や表現のコツなど、深いところを教わる…という実のあるレッスンができています。
また息子は教本の進みも速く、特にピアノ経験者の方からはそのペースにびっくりされることも多いです。
褒められることが多く、やる気もアップしています。

私も息子に教える=アウトプットをすることで、
基本的な音楽用語を学びなおしたり、自分の指使いを見直したりと、
さらにピアノへの理解を深めることができています。
親子でピアノの練習や演奏ができることで、平日も休日も楽しい時間を過ごせています。

②まわりの人を許すことができる

子どもがまだ赤ちゃんで、さらに産後うつでボロボロだったころの話です。

旦那は飲み会によく参加していました。
会社持ちでおいしいお寿司屋さんでたらふく飲み食いして、二次会でカラオケ…
またある日は、地元の友達と。

私は家で育児しかしていないし、飲み友達もいない状況なのに
自分ばかり自由に楽しみやがって…コノヤロー!!
という気持ちでいっぱいでした。

なので、「今度飲み会があるよー」と言われたら怒り狂ってました。
(今思うとひどい妻ですね…)

でも今では、
「飲み会、行ってきていいよ~!終わったら駅まで迎えにいくよ?」
と笑顔で送り出せています。

それも、育児が落ち着いたからというのもありますが、
家でピアノを弾いたり、手帳や水彩イラストを描いたり、本を読んだりと
スキマ時間だけでも、自分だけの好きなことをがっつりやるようになったからです。

飲み会の予定を聞いたときは…まあ羨ましい&ずるいとは今も思いますが(笑)
「そういえば、私は今度ママ友とのランチ会があるし!」
と余裕を持てるようになりました。

相手がやりたいことを「良いよ」と言えるようになると
相手も自分がやりたいことを「良いよ」って言ってくれるようになることを実感しています。
返報性の法則ってやつですね。

ずっと行きたいと思っていたアイドルのライブ。
水彩レタリングのワークショップ。
「息子はみてるから、行ってきていいよ~」と言ってもらえています。

この「いいよ~」が言い合える関係が築けるだけで、
それぞれやりたいことができて、楽しめて、心身リフレッシュできて、
笑顔でいられる時間が増えて、相手を受け入れる心の余裕もできて、
それが家族との絆もぐっと強くなることにつながると思います。

まずは「自分自身が楽しむこと」
そして楽しいことをたくさんして、自分から良いエネルギーを循環させると、自分もまわりも、幸せが増幅します。

いつのまにか抱え込んでしまっていた
「遊んでばかりじゃだめ」
「耐えることが大事」
「我慢しなきゃいけない」
という思い込みを手放して、
毎日楽しい時間を1分でも作っていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました