好きな形で自由に!マスキングテープブックでいろいろデコ♪

スポンサーリンク
手帳・日記

手帳デコをはじめ、カードやラッピングなどの簡単デコには欠かせないアイテム
【マスキングテープ】

マスキングテープの本体の画像です。
いろんな色や柄があります♪
文具女子A
文具女子A

けど、幅が決まっていて、「いかにもテープを貼りました」感しか出せない…

文具女子B
文具女子B

デザインペーパーを使うこともあるけど、切って糊で貼って…
もう少し工程が簡単になると良いんだけど…

この記事では、
マステの素材や使用感が大好きだけど、
もっといろんな形、太さでは幅広く楽しみたい…
という、そんなあなたにピッタリの、

マスキングテープブック

をご紹介します。

マスキングテープブックとは?

マスキングテープブック(MASKING TAPE BOOK)は、
透明マスキングテープの【SODA】や、持ち運びに便利で使いやすいマステ【KITTA】でおなじみ
キングジムさんのブランド「HITOTOKI」の商品です。

マスキングテープ素材はそのままに、シート型に仕上げられています。
ペーパーブックのように冊子に綴じられて販売されていて、切り取って使います。

はがきA5
サイズ100×14mm148×210mm
1冊の枚数10枚10枚
デザイン5タイプ3タイプ
サイズも2種類

詳しくは次の項目でご紹介します。

大きさや柄

マスキングテープブックの大きさは2種類あります。

はがきサイズ(100×148ミリ)

A5サイズ(148×210ミリ)

※いずれも切り取った後のサイズです。
売られているときは綴じ部分もあるのでもう少し大きくなります。

マスキングテープブック本体 大きさは二種類あります
左がはがきサイズ、右がA5サイズです

はがきサイズは、郵便はがきと全く一緒です。

マスキングテープブック はがきサイズを実物のハガキをならべてみました。
ハガキと並べてみました

両サイズとも、5つの柄2枚ずつ計10枚入っています。
柄のタイプがジャンル別に5タイプありますが、
A5サイズはそのうちの3タイプのみの取り扱いとなっています。

マスキングテープのデザイン5タイプの紹介
どれもかわいい色柄ばかりです

次に、それぞれのタイプごとに柄をご紹介します。

柄の組み合わせ5タイプ

1冊ごとにタイプ別の名前もついています(名前もまたかわいいんですよ…!)

①プレーン

プレーン

やさしい淡いカラーがとてもかわいいです。
その名の通り、無地…かと思いきや、実は水彩絵の具で描いたような、にじみのような模様がうっすら入っています。
のっぺりせずに、やわらかい印象を受けるデザインです。
他の色や柄と組み合わせたり、上に文字を書いたりと、いろんな使い方ができます。

②エノグ

マスキングテープブック エノグタイプ
エノグ

水彩絵の具のにじみ感を楽しめたり、筆でシュッと描いた感じの柄が揃っています。

③バラエティ

マスキングテープブック バラエティ
バラエティ

イラスト詰め合わせ!といった感じです。
切り抜いて使うのにもぴったりな柄がたくさんあります。

④パターン

マスキングテープブック パターン
パターン

規則性のある柄です。どれも優しい色合いです。

⑤マーチ

マスキングテープブック マーチ
マーチ

手書き感のある、カラフルで細かい柄が集まっています。

はがきサイズは以上の5タイプがありますが、
A5サイズは【プレーン】【エノグ】【バラエティ】の3タイプのみとなっています。

付属品

冊子のうしろには、いろんな形を作るのに便利なテンプレートが入っています。

マスキングテープブックに付属しているテンプレート
左がA5、右がはがきサイズ

大きさによって、テンプレートの大きさや種類も変わっています。

使い方

冊子にミシン目がついているので、使いたいシートを切り離します。
ロールタイプのマスキングテープとは違って、剥離紙がついているので、
他の柄のシートとくっついていることはありません。

マスキングテープブックのミシン目。こちらから切り離してつかいます。
簡単に切り離せます

あとは好きな形に切って、剥離紙をはがして、貼るだけです。

かわいい形を簡単に作る3つのコツ

様々な形に切って使うことができて、自由度の高いマスキングテープブックですが、
だからこそどう使ったら良いのかわからない…ということもあると思います。
そんなときのコツを3つ紹介します。

①かわいい形にしたいとき:付属のテンプレートを使う

先程もご紹介した、付属のテンプレートを使うと、
かわいい形に作ることができます。

使い方は、まずテンプレートの型をミシン目にそって抜きます。
そして、シートの裏側にあて、ボールペンなどで線をひきます。

マスキングテープブックの付属テンプレートの使い方

テンプレートをシートの表側にあててしまうと、ハサミで切ったあとにペンでひいた線が微妙に残ってしまったりするので、裏側にあてた方が良いです。
さらに裏側は剥離紙になっていて、ツルツルしているので、油性ボールペンなどで書くことをおすすめします。

そして、ハサミで切り取れば完成です!

テンプレートを使用して切り取ったもの
ラッピングに使えそう!

②テンプレートにはない、小さい形にしたいとき

「テンプレートにはない、小さくてかわいい形にしたい」と思っても、ハサミで細かいところを切るのってなかなか大変ですよね。
自分で線を書くのも、うまく切るのもなかなか難しいですし…。

そんなときは、紙用のクラフトパンチを使うと、簡単にキレイな形を作ることができます!

クラフトパンチを使用している様子
一枚ずつ挟んでパチン!とするだけ

クラフトパンチの使用方法は、商品のパッケージなどでご確認ください。

同じ大きさの形が簡単につくれるので、色や柄違いで作るのにもおススメです!

はくり紙がはがしにくい…

フレークシールなどにも共通した悩みだと思いますが、使っていてはくり紙がなかなか剥がれないときが結構あるように感じました。
(爪が短いとさらに剥がすのが大変なんですよね…)

そんなときは、シールを両面から指でつまみ、よれない程度にぎゅっと抑えながら、シール部分と剥離紙を少しずらすことで、はがしやすくなります。

剥離紙がはがれないときは、少しずらすと良いです
先程パンチで作った星型。剥離紙を少しずらしました

早速、手帳デコしてみました

早速マスキングテープブックを使って手帳デコをしてみたので、ご紹介します♪

マスキングテープブック、ちぎって貼ってみた
ちぎって貼ってみました

マステといえば「ちぎる」
ちぎったところのびりびり感がかわいいですよね。
マスキングテープブックも、はくり紙がついてるとはいえ、簡単にちぎれます。

クラフトパンチで作った星のかたち
先程もご紹介した☆の形です

先程ご紹介したクラフトパンチで、星の形を色柄違いでたくさん作りました。

クラフトパンチで作った丸いかたち
丸いシールとしても使えます

こちらは文字の上に、クラフトパンチで作った丸い形を貼りました。
薄いカラーは透け感がでるので、こうやって文字の上に重ねて貼ることもできます。

イラストの形にそって切って貼ったもの

【バラエティ】はイラストのデザインのものが多く、こうしてイラストにそって切り取って貼るというやり方も楽しめます。

ラッピングに使用してみました

ラッピングや、お手紙の封をするシールとして使ってもかわいいです♪

手帳や紙モノを自由に彩ることのできる「マスキングテープブック」
どんな色、形を使おうか考える時間もワクワクできちゃいます。
ぜひ使ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました