手帳や本のしおりひもをかわいくするコツ

スポンサーリンク
手帳・日記

愛用中の手帳や、大好きな本には
カラフルな「しおりひも」がもともと付いていますが…
シンプルな紐がついているだけ、ということが多いとおもいます。
せっかくなので、手を加えてかわいくしてみませんか?
こちらの記事では、しおりひもを簡単にかわいくする方法を
紹介しています。

しおりひもをかわいくする

方法は

カラフルで少しだけ立体感のある紐、毛糸などを編み込む

たったこれだけです。

あきこ
あきこ

不器用さんでも簡単にできますね!

用意するもの

今回はこちらの毛糸を使いました。

しおりひもに編み込むカラフルな毛足の長い毛糸
100均で購入した毛糸

軸の糸の部分は細く、フリンジのように毛足が長いので
編みやすく、編んだときにふわふわ感が出てかわいくなります。

しおり紐の元々の色が、ミントブルーとグレーなので
淡い色で揃えてみました。

①紐の上部分に結び付ける

まず、紐を二本分切り取ります。
長さは、しおりひもよりも10センチくらい長めにとります。

しおりひもの上の部分に紐を二本くくりつけた様子
見やすいように、手帳がさかさまになっています。

しおり紐と毛糸、あわせて3本を上の部分に結び付けます。
ここで、手芸用をボンドをお持ちの方は、
使って固定しておくと、あとで紐がずれる心配がありません。

(裁縫用ボンド、一本あるとちょっとしたことに使えてとても便利です!)

上の部分、糸が余っている部分はハサミで切り落とします。
(しおりひも本体を切らないようにご注意ください!)

②しおりひもと結んだ糸を三つ編みにしていく

上からきれいに三つ編みにしていきます。
ゆるく編んでしまうと、ねじれてきてしまうので
なるべく目を細かめに編んでください。

編みおわったら、最後の部分を結んで止めて
あまった糸の部分を切り落として完成です。

しおりひもに糸を三つ編みして完成した様子
三つ編みして完成

気を付けること

立体感のある毛糸を使ったため、ふわふわとかわいい質感になりましたが
実際にしおりひもを本や手帳にはさむと、ちょっとかさばります。

かさばるのが苦手な方、抵抗がある
シンプルな細い糸やリボンを使うことをおススメします。

ぜひ、ひと手間加えて、しおりひももかわいい手帳にしてみてくださいね。

今回使用した手帳は、週末野心手帳2020 ティファニーブルー です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました